中国银行全球门户网站
简体中文 | 日本語


日本
 



   Home >> 中国銀行 日本 >> その他サービス >> 個人向けインターネット・バンキング

中国銀行東京支店エレクトロニックバンキング個人サービス規定


2016年10月改定

 

当行は、従前から提供している個人向けのインターネットバンキングサービスについて、新たにモバイルバンキングサービスを提供するに当たり、旧「中国銀行東京支店インターネットバンキング個人サービス規定(2014年12月修定)」に「モバイルバンキング」に関する規定を加え、以下の内容とし、名称を「中国銀行東京支店エレクトロニックバンキング個人サービス規定」(以下「本規定」といいます。)とします。本規定は、当行在日支店と本サービスを契約したお客さまに適用されるものです。

第一条  当規定において使用する用語の定義:

1 エレクトロニックバンキングサービス(本サービス)

パーソナルコンピューターやモバイル機器を用いてインターネットにより契約者が当行へ行う取引依頼に基づき、当行が契約者に各種金融取引を提供するサービスをいうものとし、以下「本サービス」といいます。

2 インターネットバンキング

パーソナルコンピューターやモバイル機器を用いて当行ウェブサイトにログインし、インターネットにより契約者が当行へ行う取引依頼に基づき、当行が契約者に各種金融取引を提供するサービスをいうものとします。

3 モバイルバンキング

モバイル機器を用いて当行所定のアプリケーション配信サービスから専用のアプリケーション(以下「本アプリ」といいます。)をダウンロードし、インターネットにより契約者が当行へ行う取引依頼に基づき、当行が契約者に各種金融取引を提供するサービスをいうものとします。

4 契約者

当行所定の方法により、本サービスの利用申請を行った個人をいうものとします。

5 ユーザーID

契約者とその他の者を識別するために用いられる符号をいうものとします。

6 パスワード

ユーザー名と組み合わせて契約者とその他の者を識別するために用いられる符号をいうものとします。

7 ワンタイムパスワード

当行が契約者に交付する認証ツール(E-TOKEN。以下「認証ツール」といいます。)により生成・表示される符号であり、一定時間ごとに自動的に新しい符号に変更され、一回限り利用可能な符号のことをいうものとします。

8 エレクトロニックバンキング取引指示

契約者がインターネットバンキングあるいはモバイルバンキングにより当行に対して行う照会、振替、支払決済等の取引指示をいうものとします。

第二条 本サービス利用開始時期

契約者は、本規定およびその他当行所定の規定、当行が採用しているセキュリティ措置、本規定に示したパスワード等の不正使用等による損害発生の可能性を理解した上で、本サービスの利用を申請するものとします。当行が審査により契約者の利用申請を承認した場合、当行から契約者に対し認証ツール、初期ユーザーID、初期パスワードを当行所定の方法により交付します。契約者が初期ユーザーIDと初期パスワードを使用してインターネットバンキングまたはモバイルバンキングのログイン画面にログインし、初期ユーザーIDと初期パスワードの変更を完了すると本サービスが利用可能となります。

第三条 本サービスの内容等

1 本サービスの内容

⑴ 本サービスは、パーソナルコンピューターまたはモバイル機器による契約者からの依頼に基づき、当行の日本国内の支店間の振込・振替、海外送金、デビットカードサービス(登録・解除・各種照会等)、定期預金口座の開設・解約、口座情報の提供、グローバルサービス(当行の世界各国の支店で開設した口座の各種照会)の申込・解約、本サービスの設定(パスワード変更等)等の取引を行うものです。但し、モバイルバンキングでは、現在、一部の機能をご利用できません。

⑵ 当行は、本サービスの対象となる取引を契約者に事前に通知することなく変更する場合があります。

2 本サービス利用対象者

⑴ 本サービス利用対象者は、原則として、当行の日本国内の支店のいずれかで普通預金または定期預金の口座を開設した日本国内在住の個人に限ります。但し、契約者が外国為替及び外国貿易法および所得税等関連法令に定める非居住者(以下「非居住者」といいます。)となる場合であっても、当行所定の要件を満たす場合に限り、例外的に本サービスの一部機能を利用できる場合があります。

⑵ 契約者が非居住者となる場合、契約者は直ちに当行所定の書面により当行東京支店に届け出るものとします。

3 サービス取扱時間

本サービスの対象となる各取引の取扱時間は当行所定の時間内とします。本サービス取扱時間後のエレクトロニックバンキング取引指示は、当行がその翌営業日に受け付けたものとみなします。当行は取扱時間を契約者に事前に通知することなく変更する場合があります。

4 本サービスの上限金額の設定

本サービスの各種取引における1日または1回当たりの利用限度額は当行所定の上限があります。当行はこの上限金額を契約者に事前に通知することなく変更する場合があります。

5 サービス利用手数料

本サービスの利用にあたって、当行所定の手数料をいただきます。なお、当行は本サービス手数料を契約者に事前に通知することなく変更する場合があります。

第四条 本人確認

1 初期ユーザーID・初期パスワード・認証ツールの交付等

⑴ 初期ユーザーID・初期パスワード・認証ツールの交付

本サービスの利用に当たっては、ユーザーID、パスワードおよび認証ツールにより生成・表示される可変的でかつ各1回限り使用可能なワンタイムパスワードが必要になります。

ユーザーIDとパスワードは、当行が契約者に交付した初期ユーザーIDと初期パスワードを契約者が本サービス内で変更するものとし、認証ツールは本サービスの利用申請承認後に当行より発行し、契約者の届出住所宛に郵便等の当行所定の方法により交付するものとします。

契約者の届出住所が不正確であるため、または、契約者が届出住所の変更の届出を怠ったために認証ツールが当行に返戻された場合、あるいは、郵便局等の運送事業者の留置期間経過等の理由で当行に返戻された場合は、契約者は当行所定の手続きにより再発行を依頼するものとします。

⑵ パスワードの変更・再発行

契約者は、本サービス内でパスワードを変更することができます。

契約者がパスワードを失念した場合およびパスワードを当行所定の回数以上連続して誤入力したために本サービスの利用を停止している場合は、当行所定の方法による再発行手続が必要になります。

⑶ 認証ツールの再発行等

契約者は、認証ツールが電池切れ等によりワンタイムパスワードを表示しなくなった場合、当行所定の方法により認証ツールの再発行の依頼を行うものとします。当行は、契約者から認証ツール再発行の依頼を受けた場合、認証ツールを再発行し、契約者の届出住所宛に郵便等当行所定の方法により契約者に交付します。

認証ツールの電池切れおよび契約者の過失によらない故障による再発行を除き、契約者は当行所定の再発行手数料を支払うものとします。なお、当行は再発行手数料を契約者に事前に通知することなく変更する場合があります。

2 本人確認手続

⑴ 契約者が本サービスのログイン画面にログインする場合は、ユーザーID、パスワード、ワンタイムパスワードおよび確認コードを入力します。

⑵ 契約者が本サービスで資金移動を伴う取引や限度額の変更など、重要なエレクトロニックバンキング取引指示を行う場合には、再度ワンタイムパスワードを入力します。

⑶ 当行は、契約者が入力したユーザーID、パスワードおよびワンタイムパスワードが、当行が保有するものと各々一致した場合には、契約者からのエレクトロニックバンキング取引指示があったものとみなし、受付手続を行います。

⑷ 本人確認に必要な所定事項および本人確認方法等は当行が定めるものとし、当行が必要に応じて変更することができるものとします。

3 契約者の届出義務

契約者は、本サービス利用申請時に、当行に対し当行所定の事項を正確に届け出るとともに、当行所定の資料を提出するものとします。本サービス利用開始後に当行所定の届出事項に変更が生じた場合は、契約者は遅滞なく当行所定の方法により当行に通知するとともに当行所定の資料を提出するものとします。

契約者による当行所定の届出事項や提出資料に虚偽または誤りがあったために、または、契約者が届出事項の変更を適時に当行へ通知しなかったために発生した損害は、契約者が負担するものとします。

第五条 パスワードの管理、セキュリティ等

1 インターネットバンキングを利用する場合、契約者は当行ウェブサイト(URL:http://www.bankofchina.com/jp/jp)から直接ログインするものとし、当行ウェブサイト以外のサイトやメール等からログインしないものとします。モバイルバンキングを利用する場合も、契約者は当行所定のモバイルバンキングの本アプリから直接ログインするものとします。本アプリを契約者の端末にダウンロードする場合は、契約者は当行所定のアプリケーション配信サービスから直接ダウンロードするものとします。

2 契約者は、ユーザーID、パスワードおよび認証ツールを契約者自身の責任において厳重に管理するものとし、第三者に開示しないものとします。パーソナルコンピューターや本アプリをダウンロードした端末にユーザーIDとパスワードが保存される場合がありますので、契約者は本サービスを利用する端末も厳重に管理するものとします。契約者は、定期的にパスワードを変更して下さい。認証ツールは、インターネットバンキングとモバイルバンキングの双方で利用します。

3 契約者は、パスワードにつき偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合は、直ちに当行所定の方法によって当行に届け出るものとします。当行は、この届出を受けたときは直ちに本サービスの利用を停止します。契約者が本サービスの利用の再開を希望する場合には、当行所定の手続を行うものとします。

4 契約者は、本サービスを利用するため、当行所定の要件を備えた端末および通信環境を契約者の責任において確保するものとします。

5 契約者がパスワードまたはワンタイムパスワードと異なるパスワードを当行所定の回数以上連続して入力した場合は、当行は契約者に対する本サービスの利用を停止もしくは制限します。契約者が本サービスの利用の再開を希望する場合には、当行所定の手続を行うものとします。

第六条 エレクトロニックバンキング取引指示

1 エレクトロニックバンキング取引指示の確定

契約者がエレクトロニックバンキング取引指示を入力した後、端末に契約者のエレクトロニックバンキング取引指示の内容を表示します。契約者は、その内容を確認し、正しい場合には当行所定の方法により確認した旨を通知するものとします。

当行が前記のエレクトロニックバンキング取引指示の内容の確認通知を受信した場合は、エレクトロニックバンキング取引指示が確定したものとし、当行所定の方法により手続を行います。

特に定めがない限り、エレクトロニックバンキング取引指示確定後に取引指示の取消、変更はできないものとします。

2 エレクトロニックバンキング取引指示の不成立

次の場合、契約者からのエレクトロニックバンキング取引指示はなかったものとします。この場合、当行は契約者に対して取引指示が不成立になった旨を通知しませんので、契約者自身で取引の成否を確認するものとします。なお、これによって生じた損害については、当行は如何なる責任も負いません。

⑴ 資金の引き落とし時において、契約者の口座が残高不足の場合

⑵ 契約者の口座がキャッシュカード等の喪失等により利用停止等の状態にある場合

⑶ 振込において、受取人口座への入金ができない場合

⑷ 差押または犯罪等やむを得ない事由があり、当行が支払を不適当と認めた場合

⑸ 戦争・クーデター・天変地異等のやむを得ない事由があった場合

⑹ 当行が相当の安全対策を講じたにもかかわらず、端末機、通信回線またはコンピューター等に障害が生じた場合

⑺ 当行以外の金融機関の責めに帰すべき事由により取引不可能となった場合

⑻ その他、当行の責めに帰すべきでない場合3 エレクトロニックバンキング取引指示の確認

契約者の口座より資金の引き落としを伴うエレクトロニックバンキング取引指示を実行した後、契約者は速やかに本サービスの口座情報照会、当該預金通帳への記入等により取引内容を照合するものとします。

万一、取引内容や残高にエレクトロニックバンキング取引指示と異なる点がある場合、契約者は直ちにその旨を当行まで連絡するものとします。この連絡がなかったことによって契約者に生じた損害については、当行に責めがある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。

第七条 損害賠償

当行が手続上の過誤により支払や決済処理を遅延し、これにより契約者に損害を発生させた場合、当行は、当行所定の規定に従い、契約者に対し賠償するものとします。

第八条 免責事項等

1 本人確認

本規定による本人確認手続を経て取引を行った場合は、当行は当該利用者を契約者本人であるとみなし、パスワード等について偽造、変造、盗用、不正使用その他の事故があったとしても、そのために生じた損害については、当行に責めがある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。但し、損害の発生が盗取されたパスワード等を用いて行われた不正な振込等(以下「不正な振込等」といいます。)によるものである場合、契約者は本規定による補填の請求を申し出ることができるものとします。

2 通信手段の障害・通信経路における取引情報の漏洩等

当行は、本サービスのシステムの通信機器、回線およびコンピューター等について相当の安全対策を講じるとともに、本サービスに係るデータに対して適切な管理措置を講じます。当行がこれらの対策・措置を講じたにもかかわらず、通信機器、回線およびコンピューター等の障害により、取引の遅延・不能や当行が送信した情報に誤謬・遅延・欠落等が生じ、または公衆電話回線、専用電話回線、インターネット等の通信経路において盗聴・不正アクセス等がなされたことにより、契約者のパスワード・取引情報の漏えいが生じたとしても、これによって生じた損害については、当行に責めがある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。但し、上記により漏洩したパスワード等の盗用により損害が発生した場合、契約者は本規定による補填の請求を申し出ることができるものとします。

3 モバイルバンキングにおけるアプリの不具合等

モバイルバンキングにおける表示の誤り・脱漏、エレクトロニックバンキング取引指示不能、情報漏洩等の本アプリ作動上の不具合や本アプリのダウンロードによる端末への影響、その他契約者が本アプリを正常に利用できないことによる一切の不利益について、当行に責めがある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。

本アプリは、本アプリダウンロード後の端末の利用環境の変更や本アプリのアップグレード等が行われた場合、利用不能になる場合があります。この場合は、本アプリを再度ダウンロードして下さい。

第九条 パスワードの盗用等による不正な払戻しや振込等に対する補填

当行に過失がない場合であっても、パスワードの盗用等により行われた不正な振込等で被害に遭われた場合、契約者は当行に対し次のとおり補填の対象額の請求を申し出ることができます。

1 不正な振込等については、次の各号のすべてに該当する場合、契約者は当行に対して本条2項に定める補填対象額の請求を申し出ることができます。

⑴ パスワード等の盗取または不正な振込等に気付いてからすみやかに当行への通知が行われていること。

⑵ 当行の調査に対し、契約者より十分な説明が行われていること。

⑶ 当行に対し、捜査機関に被害届を提出していることその他パスワード等の盗取にあったことが推測できる事実を確認できるものを示していること。

2 本条1項の申出がなされた場合、不正な振込等について、利用するパーソナルコンピューターやスマートフォン等端末の安全対策やパスワード等の管理を十分に行っている等、契約者が無過失である場合、当行は、当行へ本条1項⑴に規定する通知が行われた日の30日(但し、当行に通知することができないやむをえない事情があることを契約者が証明した場合は、30日にその事情が継続している期間を加えた日数とします。)前の日以降になされた不正な振込等にかかる損害(手数料や利息を含みます。)の額に相当する金額(以下「補填対象額」といいます。)を補填するものとします。但し、不正な振込等について契約者に過失が認められる場合でも、状況に応じ、当行が一部補填する場合があります。

3 本条1項および本条2項は、本条1項⑴に規定する当行への通知が、パスワード等の盗取が行われた日(当該盗取が行われた日が明らかでないときは、不正な振込等が最初に行われた日)から2年を経過する日後に行われた場合には、適用されないものとします。

4 本条2項にかかわらず、次のいずれかに該当する場合には、当行は補填を行いません。

⑴ 不正な振込等が行われたことについて当行が善意かつ無過失であり、かつ、次のいずれかに該当すること。

ア 不正な振込等が契約者の故意または重大な過失により行われたこと。

イ 契約者の配偶者、二親等内の親族、同居人、または家事使用人によって行われたこと。

ウ 契約者が、被害状況についての当行に対する説明において、重要な事項について偽りの説明を行ったこと。

⑵ パスワードの盗用等が、戦争、暴動等による著しい社会秩序の混乱に乗じまたはこれに付随して行われたこと。

5 当行が本条2項に定める補填を行う場合、不正な振込等の支払原資となった預金(以下「対象預金」といいます。)について、契約者に払戻しを行っている場合には、この払戻しを行った額の限度において、補填は行わないものとします。また、契約者が、不正な振込等を行った者から損害賠償または不当利得返還を受けた場合も、その受けた限度において同様とします。

6 当行が本条2項によって補填を行った場合には、当該補填を行った金額の限度において、対象預金に関する権利は消滅します。

7 当行が本条2項により補填を行った時は、当行は、当該補填を行った金額の限度において、盗取されたパスワード等により不正な振込等を行った者その他の第三者に対して契約者が有する損害賠償請求権または不当利得返還請求権を取得するものとします。

第十条 本サービスに関する問い合わせ先

本サービスに関するお問い合わせやご意見、ご要望、苦情がある場合は、当行のコールセンター0120-8-95566(日本)、95566(中国)へ電話をしていただくか、当行宛(メールアドレス:service.jp@boctokyo.co.jp)にメール、もしくは日本国内の当行各支店へ直接ご連絡ください。

第十一条 本サービスの停止・制限

当行は、第五条3項および5項の場合のほか、次の場合に本サービスを停止または制限します。

1 エレクトロニックバンキングに関連した詐欺を予防する目的で、あるいは警察などの法令で定められた公的機関の要請に基づき、本サービスの提供を制限する必要がある場合、当行は本サービスを制限します。

2 契約者が次の行為を行った場合、当行は本サービスを停止します。

⑴ 本規定および当行所定の規定並びに関連業務法令等の違反行為

⑵ 当行の判断基準によりマネー・ロンダリング、反社会的活動の疑いがある行為

3 当行は、契約者の普通預金口座または定期預金口座が、キャッシュカードの紛失、支払停止等の原因により利用不能の状態になった場合、自動的に本サービスの提供を停止します。契約者の普通預金口座または定期預金口座が利用可能な状態に戻った時に、当行は本サービスの提供を再開します。

第十二条 本サービスの解約

1 契約者は、当行所定の手続により、本サービスを解約することができます。本サービスが解約された場合、解約前に確定したエレクトロニックバンキング取引指示は取り消されません。

2 当行は、契約者に次の事由が一つでも生じた場合、契約者に通知することなく、本サービスを解約することができるものとします。

⑴ 本規定および当行所定の規定並びに関連業務法令等に違反した場合

⑵ 初期ユーザーID・初期パスワードまたは認証ツールが送付不能、受取拒否等により当行に返却された場合

⑶ 支払停止、破産手続開始または民事再生手続開始の申立てがあった場合

⑷ 当行の判断基準によりマネー・ロンダリング、反社会的活動の疑いがある場合

⑸ その他当行が本サービス提供において支障があると判断した場合

第十三条 関係規定の適用・準用

本規定に定めのない事項については、普通預金規定、定期預金規定等の預金口座開設説明集その他の当行所定の規定に従うものとします。

第十四条 本規定の変更

当行は、本規定を任意に変更できるものとします。変更内容は、当行ウェブサイトその他当行所定の方法で公表するものとし、公表の際に定める相当期間経過後から変更後の規定が適用されるものとします。

契約者は、本規定の変更を不服とする場合は、通知の際に定める相当期間内に本サービスを解約するものとします。契約者が変更後の本規定適用開始日以降に本サービスを利用した場合には、本規定の変更を承諾したものとみなします。

第十五条 システムの変更

当行は、エレクトロニックバンキングシステムのバージョンアップやリニューアルを契約者の了解なしに行うものとします。エレクトロニックバンキングシステムのバージョンアップやリニューアルに伴い、本サービスの一時停止や取消、サービス内容・方式等の変更がある場合は、あらかじめ当行ウェブサイトその他当行所定の方法で公表するものとします。

第十六条 準拠法

本規定の準拠法は日本法とします。法律で明文化された規定がないものは通念の金融慣例を適用します。

第十七条 協議等

本規定に規定のない事項および本規定について疑義が生じた場合は、当行と契約者が誠意を持って協議の上解決するものとします。この場合は、全国銀行協会「あっせん委員会」にあっせんを申し立てることができるものとします。

第十八条 管轄

本サービスに関する訴訟については、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

以上

  [ 閉じる ]

 

おすすめ

· 郵送による口座開設
· 個人人民元業務
· サービス紹介

その他サービス

     個人向けインターネット・バンキング
     法人向けインターネット・バンキング
     ダウンロード
     質問一覧

 
  ·「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)」のご案内  ·お客さまの個人情報の利用目的について  ·利益相反管理方針の概要  ·金融商品勧誘方針  ·顧客保護等管理方針  ·個人情報保護宣言  ·反社会的勢力に対する基本方針  ·権利に関して  ·使用条項  ·個人情報保護に関して  ·免責事項  
 
Copyright © BANK OF CHINA(BOC) All Rights Reserved.